Upsourceを使用したコードレビュー

インストール

アップソースとは何ですか?

コードレビューツールとして、Upsourceには多くの便利な機能があります。

  • 効率的なコードレビューを実行する
  • IDEからのレビュー
  • ブラウザを通じて重要な変更を追跡する
  • 設計上の欠陥を特定し、開発者の注意を必要とするプロジェクトの部分を特定する
  • プロジェクトの範囲のリスクを検出し、責任を分散させる
  • 新規メンバーがプロジェクトを理解し、他の人の責任を理解するためのクイックパネル
  • @往復、変更について話し合い、チームメイトを助ける
  • 連続配信/課題追跡/ githubと同期できます
  • チームメンバー、チームプロジェクト、無制限の数について心配しないでください。

ダウンロードする

ダウンロードする

インストール

指定したフォルダにダウンロードして解凍します。

ディレクトリツリー

├── api
├── apps
├── backups      # 備份目錄
├── bin          # 應用目錄
├── conf         # 配置檔案
├── data 
├── internal
├── launcher
├── lib
├── logs         # 日誌
├── sonarqube
└── temp         # 臨時檔案

利用可能なコマンド

コマンドの場所

$ ./bin/upsource.sh

# 呼叫 help <command> 來檢視詳細

configure      : 配置 Upsource
start          : 後臺啟動
run            : 在當前命令列執行
status         : 檢視執行狀態
stop           : 停止
restart        : 重啟 
rerun          : 當前命令列重新執行
dump           : 輸出 debug info
kill           : 殺死 upsource 程序
java           : 管理java的路徑
help <command> : 顯示幫助資訊

help <command name>
prints usage text for the specified command

詳細ファイル表示

ここで実行します

$ ./bin/upsource.sh start
Starting Upsource...
* Configuring JetBrains Upsource 2018.1
* Made default base-url 'http://macbook-pro-2.local:8080/' from hostname 'macbook-pro-2.local' and listen port '8080'
* JetBrains Upsource 2018.1 runtime environment is successfully configured
* Loading logging configuration from /Users/duoli/Downloads/upsource-2018.1.357/lib/ext/log4j.xml
* Redirecting JetBrains Upsource 2018.1 logging to /Users/duoli/Downloads/upsource-2018.1.357/logs/internal/services/bundleProcess
* Configuring Service-Container[bundleProcess]
* Configuring Bundle Backend Service
* Configuring Configuration Wizard
* Starting Service-Container[bundleProcess]
* Starting Bundle Backend Service
* Starting Configuration Wizard
* JetBrains Upsource 2018.1 Configuration Wizard will be available on [http://macbook-pro.local:8080?wizard_token=UwxfxNH1OxGS75l3DO9p] after start
Upsource is running

構成プロジェクト

コマンドラインに表示された情報に従って、このアドレスを開きますhttp://macbook-pro.local:8080?wizard_token=UwxfxNH1OxGS75l3DO9p 、サーバー上の場合

ここでセットアップするをクリックしてインストールします

ここでアクセスアドレスを設定するには、それが外部ネットワークであれば、ここでのアドレスはドメイン名でなければならず、地域ネットワークはIPで置き換えられ、ローカルであれば、localhostで置き換えられ、ここではlocalhostと置き換えられます。

アカウントパスワードを作成する

認証ファイルを生成する

インストールする

起動を開始し、起動が完了した後にログインできます。

phpstorm / jetbrainsシリーズに統合する

ここで私はちょうどphpstormでそれをテストしました、しかしそれはシステム全体によってサポートされます、しかしコード部分のサポートは完全ではないかもしれません。

構成コードレビュープロジェクト

ここでバージョン管理としてgitを使って

基本情報を設定する

構成コードの統合

他の2つの設定はあなた自身の好みに基づいているのでここでは詳しく説明しませんこの方法でプロジェクトを保存した後初期化することができます。

初期化が完了したら、プロジェクトに統合できます。

upsourceプラグインをインストールする

Settings – > Plugin検索 – > Browse repositories – > upsourceインストールと再起動の検索

関連プロジェクト

再起動後、設定でUpSourceを検索し、 ConnectionメニューのServer Urlをインストール完了のルートディレクトリに入力し、 Test Connectionをクリックしてアカウントのパスワード認証を入力します認証が成功したら、プロジェクトで使用できます。

設定が完了すると、右上隅にUpsourceサービスが開始されたことを示すロゴが表示されます。

ここでは、プロジェクトのリンク、プロジェクトの切り替え、パスのマッピング、通知の設定、ユーザーの変更などを行うことができます。

このようにして、IDE内のコードを確認および識別することができ、識別とアップソースシステムに表示されるデータはリアルタイムで同期されます。

使用と表示

ここでのショートカットはctrl + alt + / 、指定された行を選択し、レビューコードを入力します

入力後、IDEの行番号の横、編集領域の右上にコメントアイコンが表示されますので、クリックすると変更する内容が表示され、指定した領域が強調表示されます。

このプロジェクトはプラットフォーム上にも存在します。

ここにいくつかのヒントがあります

人を指定するための@サポート

ラベル表示をサポート

わかりました、チームは試み始めました。

その他の

エラー:データベースにデータを保存できません

プロジェクトの更新中:データベースupsourceへのデータのフラッシュ中にエラーが発生しました

ここのメモリは8G以上でなければなりません、そうでなければ上記のエラーが報告されます。

エラー:ユーザーはこのプロジェクトを見ませんでした

通常、このユーザーはプロジェクトに追加されていません。

参考記事

特徴:カスタムラベルのサポート

これらのタグはIDEと同期できます。

特徴:マルチユーザーアカウントを1人のユーザーで管理できます

たとえば、あるユーザーには複数のgitグローバル識別子があり、これは異なる期間のユーザーのニックネームになることがありますが、アカウントとして識別できるため、管理に便利です。

元のリンク