PHPの基本概要

目次

生データ型(9種類)

  • 基本データ型: 整形(integer)、浮点型(float)、字符串(string)、布尔型(boolean)

  • 複合データ型: 数组(array)、对象(object)、callable(可调用)

  • 特殊なデータ型: 资源类型(resource) 和NULL


変数関連処理機能

  • is_bool($var) 、ブールかどうかを決定します

  • is_int($var)整数かどうかを決定します

  • is_float($var)浮動小数点かどうかを決定します

  • is_numeric($var)の値または文字列かどうかを決定します

  • is_array($var)配列かどうかを判断します

  • is_object($var)オブジェクトかどうかを決定します

  • is_resource($var)リソースタイプかどうかを決定します

  • is_null($var) NULLかどうかを決定します

  • gettype($var) 、変数の型を取得します


  • empty($var)空かどうかを判断します

  • isset($var)そこかどうかを決定します

  • unset($var)変数を削除


  • intval($var) 、積分キャスト

  • floatval($var)キャストフロート

  • boolval($var)ブールにキャスト

  • strval($var)文字列に強制

  • (int)$var整数に強いです

  • (bool)$varブール値への強いです

  • (float)$varフロートに強いです

  • (string)$var文字列に強いです

  • (array)$var配列に強いです

  • (object)$varオブジェクトに強いです

  • (unset)$var NULLに強いです


  • print_r($var)プリントアレー

  • var_dump($var)変数の詳細を印刷します

  • var_export($var) PHPコード(なし)、例えばでvar_export($のARR)フォーマットされた戻り値


  • serialize($var)文字列に可変配列を

  • unserialize($var)のデシリアライゼーション


文字列関連処理関数

  • addslashes()単一および二重引用符、バックスラッシュ、プラスフロントNULLの文字列のは\エスケープ

  • htmlspecialchars()逃げることができる< > ' " &デフォルトのエスケープ単一引用符でオンになっていません

  • strip_tags()除去され、htmlタグのPHPの文字列

  • md5()暗号化された文字列のMD5

  • sha1() 、デフォルトの文字の16進数40で生成され、SHA1ハッシュを返します。

  • uniqid(前缀,如果是true则为23字符)の微妙な数に応じた固有のIDシステムを生成するが、それは保険ではありません、以下のことをお勧めします

  • md5(uniqid(mt_rand(), true))


  • nl2br()文字列\n変換<br>

  • trim()両側に空白を削除する、第二のパラメータを削除するために使用することができる文字列を指定

  • ltrim()左マージンの文字を削除し、二番目のパラメータを除去するために使用される文字列を指定します

  • rtrim()右マージンの文字を削除するには、二番目のパラメータを除去するために使用される文字列を指定します


  • chr() ASCIIコードに応じて対応する文字を返し

  • ord()を返すために、文字に対応するASCIIコードに応じて


  • count_chars($str,1)各文字列に表示される統計情報の数、および配列を返します

  • strlen()文字列の長さを返します。

  • str_word_count()文字列の統計的な単語の数

  • substr_count('hello 666 hello', 'hello') 「こんにちは」)中性子の数は、文字列の文字列を占めます


  • echo文法構造であります

  • print文法構造であります


  • str_split('abcdefg')各文字列インデックス配列を分割するために、第2のパラメータは、各配列の長さを指定することができる([0] => 'を'、[1] => 'B' …)

  • explode(',', $str) )指定された文字列がに分割さに応じて文字列を

  • implode(',', $arr) )の配列は、参加して指定した文字列に接続されています


  • strtolower()小文字に文字列

  • strtoupper()すべて大文字に文字列

  • ucfirst()最初の文字大文字に

  • lcfirst()最初の文字を小文字

  • ucwords()大文字各単語の


  • strchr('hello world hello world', 'world') 、「世界」)文字列部分の世界最初の文字列の末尾に運ばははstrstrと同等表示されます

  • stristr()一致した大文字と小文字を区別しません

  • strrchr()最後の最後の試合

  • substr($str, start, length) )の文字列の傍受


  • strpos('hello world', 'world')世界」)は、文字列で、世界で最初に現れる位置を返します。

  • strrpos()マッチの最後に出現する位置

  • stripos()一致した大文字と小文字を区別しません


  • str_replace('word', 'world', 'hello word') 」、「ハロー単語」)文字列を置き換えます

  • str_ireplace()大文字と小文字を区別しない置換であります


  • str_repeat('我6', 3)文字列を繰り返し

  • str_shuffle()ランダムの文字列が中断します

  • strrev()文字列を逆にします


配列関連処理機能

  • array()配列を作成します


  • array_keys()すべてのキー名を返します

  • array_values()すべての値を返します。

  • array_column($arr, 'name') )キーとして列を指定するために、アレイ内の3番目のパラメータの列の値を返します

  • array_rand($arr, 1) 1つ以上のキーのランダムな返しを配列


合併および分割

  • array_merge()アレイ、アレイがフロントカバーの背後にある同じキー名に関連付けられている場合には、第2は、第一の前部に追加された場合、配列インデックスに複数のアレイ

  • array_replace()およびarray_merge差:代わりに、追加の処理インデックスとする配列をマージし、連想配列は基本的に同じプロセスであります

  • array_replace_recursive($a1,$a2) 、再帰的配列の配列のフロントエンドの値と値を置き換えます

  • array_chunk($arr, 2)アレイは、アレイの指定された数に分割されています


統計

  • array_count_values()の各値の統計情報の数がアレイに発生


比較

  • array_diff($arr1,$arr2,$arr3) $ ARR3)差の複数のセットの配列を返し、キーのみを比較します

  • array_diff_key($arr1,$arr2,$arr3) $ ARR3)差の複数のセットの配列を返し、キーのみを比較します

  • array_diff_assoc($arr1,$arr2,$arr3) $ ARR3)差の複数のセットの配列を返し、キーの名前と値を比較します

  • ** `array_intersect()は複数の配列の共通部分を返し、キー値のみを比較します

  • array_intersect_key($arr1,$arr2,$arr3) $ ARR3)複数のアレイの交点を返し、単にキーを比較

  • array_intersect_assoc($arr1,$arr2,$arr3) $ ARR3)は、キー名と値を比較し、複数のアレイの交点を返します。


操作:

  • array_flip()配列のキースワップ

  • array_reverse()逆順に配列データ

  • array_pop()配列の最後の要素を削除します

  • array_shift()配列の最初の要素を削除します

  • array_unshift($arr,"blue","yellow") 、「黄」)配列の先頭に1つのまたは複数の要素を追加します

  • array_push($arr,"blue","yellow") 、「黄」)、 1つの以上の追加の値の配列の端部は、配列の長さを返します

  • array_slice($arr, start, length) )撮影した配列

  • array_sum()配列データ合計

  • array_unique()配列の重複排除

  • shuffle()動揺配列

  • count()配列の長さ

  • list()配列内の値を順次変数に割り当てられています

  • range('a','z') 」)指定された範囲の配列を生成します


それが存在するかどうか:

  • array_key_exists("name",$arr) )キー名があるかどうかをチェックします

  • in_array('fsm', $arr) )第三パラメータがtrueの場合、値は、存在しているかどうかをチェックし、パリティタイプながら、


検索:

  • array_search("red",$arr) )に従ってキー値を返します。

  • key($arr) 、現在のキー名の配列を取得します

  • current($arr) 、配列の現在の値を取得します。


並べ替え:

値によると:

  • sort()昇順

  • rsort()降順

  • asort()インデックスとする配列昇順

  • arsort()インデックスとする配列降順

キーに従ってください:

  • ksort()キーを昇順

  • krsort()キーを降順


日時関連処理機能

タイムゾーンを設定する

  • php.ini date.timezone = PRC

  • date_default_timezone_set("PRC"); //上海のアジア/

  • ini_set('date.timezone', 'Asia/Shanghai');


  • time()現在のタイムスタンプを返します。

  • date('Ymd H:i:s') S」)が現地時間や日付をフォーマットし、(先行ゼロなしynj年のzのワット数週間、数日の日数は、閏年月のトンのL aは:午前または午後)

  • getdate() 、配列に基づいて、日付とタイムスタンプ情報を返します。

  • strtotime() (1週間、今、午前11時05分23秒2018年11月27日英語のタイムスタンプの文字列を解析するために2日4時間2秒、次木曜日、前月曜日)

  • mktime(hour, minute, second, month, day, year)月、日、年)日付のタイムスタンプを取得します

  • microtime()マイクロ秒0.50091600 1543288331と現在のタイムスタンプを返します。

  • gettimeofday(true)現在のタイムスタンプと第3つまたは4つのマイクロ及び1543289052.4254を得ます

  • checkdate(month, day, year)日付の正当性を検証する(日月年が必要です)


ディレクトリとファイルに関連する処理関数

  • getcwd()ファイルの絶対パスカレントディレクトリを返します

  • scandir()配列は、ディレクトリ内のすべてのサブサブディレクトリとファイルを返します。


  • basename()パスのファイル名部分を返します

  • dirname()ディレクトリパス部分を返します

  • pathinfo()ファイル情報戻るのアレイ


  • mkdir()ディレクトリを作成します

  • copy(a, b)ファイルをコピーします

  • rename(oldname, newname)ファイルまたはフォルダの名前を変更します

  • unlink() 、ファイルを削除します

  • rmdir()空のディレクトリを削除します

  • move_uploaded_file(file,newloc)新しい場所にファイルをアップロードします


  • file_exists()が存在するファイルまたはディレクトリをチェックします

  • file_get_contents()文字列にファイルを読み込みます

  • file_put_contents(filename, data) 、ファイルの文字列に書き込まれます


  • filesize()ファイルのサイズを返します。

  • filetype()戻り値のファイルの種類


  • is_file()通常のファイルかどうかを判断します

  • is_link()リンクされたファイルかどうかを判断します


URL関連処理機能

  • urlencode() URLエンコード

  • urldecode() URLデコード


  • base64_encode() Base64エンコード

  • base64_decode()トランスをBase64エンコード


  • http_build_query($arr)文字列としてエンコードされた配列のurlパラメータ

  • parse_str("name=Bill&age=60", $arr) = 60」、$のARR)配列解析として格納されたURLパラメータ文字列


  • parse_url('http://php.net/manual/en/function.parse-url.php?name=12234456&time=baga')配列を解析するURL情報に、アレイは、parse_strするクエリパラメータとして使用することができます


数学関連処理関数

  • abs()絶対値

  • ceil()切り上げ

  • floor()切り捨て

  • fmod()分割の浮動小数点剰余を返します

  • max()最大

  • min()

  • pi() PI

  • pow(x,y)のX Y乗

  • sqrt()平方根

  • round()の丸め

  • rand(low, high)ランダム整数を返します

  • is_nan()非数値かどうかを判断します


マジック定数(定義済みの定数)

  • __FILE__完全なパスとファイル名(絶対パス)ファイルを返し、ファイルが含まれている場合、ファイル名は、リターンに含まれています

  • __DIR__ DIRNAMEと同等のディレクトリをファイルに戻り、(__ FILE__)

  • __NAMESPACE__現在の名前空間を返します。

  • __CLASS__現在のクラス名に戻します

  • __METHOD__現在のメソッド名に戻します

  • __FUNCTION__現在の関数名に戻します


スーパーグローバル変数(事前定義された変数)

  • $_SERVERサーバーと実行環境情報

  • $_GETデータの転送が途中取得します

  • $_POSTデータのPOSTの往復トランスファー

  • $_FILES HTTPファイルアップロード情報

  • $_COOKIE HTTPクッキー

  • $_SESSIONセッション変数を

  • $_REQUESTデフォルトで含まポストクッキーを取得します

  • $GLOBALSグローバル変数


その他の機能

  • function_exists()が存在するか否かをチェックする機能

  • class_exists()クラスが存在するかどうかを確認します

  • method_exists(obj, method_name)メソッドが存在するか否かをチェックします


  • header() HTTPヘッダ(ロケーションを送信する:)


  • define()定数を定義します

  • defined()の定数が存在するかどうかをチェックします


  • die() exit()の出力メッセージを、スクリプトを終了します

  • sleep()手順は、数秒の遅延を行い、

  • usleep()プロシージャは、いくつかのマイクロ秒の遅延を実行します


元のリンク