Redis Message Queue実装に基づくメッセージプッシュ

Redisメッセージキューに基づくメッセージプッシュ

基礎知識ポイント

メッセージプッシュを実装するために、次のコマンドに重点を置いています

  • Brpopブロッキングモードは、キューの右側から値を取得した後に削除されます。
  • Brpoplpushは、キューAの右側から値を取り出した後に削除され、左側からキューBに配置されます。

論理分析

  • メッセージのターゲットを通常のタスクスクリプトのpush_queueキューに書き込み、ターゲットにプッシュされるコンテンツを設定します。期限切れになることはありません。
  • RedisPushQueue brpoplpush処理、処理された値は、主にプッシュ障害によって引き起こされるプログラムのクラッシュを防ぐためにtemp_queueに配置されます
  • RedisAutoDeleteTempqueueItemsは、temp_queueを処理します。これはbrpopを使用します。

コードの実装

  • 共通タスクスクリプト

    <?php
    foreach ($user_list as $item) {
        //命名规则 业务类型_操作_ID_随机6位 值 自定义 我自定义的是"推送内容"
        $k_name = 'rabbit_push_' . $item['uid'].'_'.rand(100000,999999);
        $redis->lPush('push_queue',$k_name);//左进队列
        $redis->set($k_name, '推送内容');
    }
  • RedisPushQueue

    <?php
    //消息队列处理推送~
    //
     // 守护进程运行
     // nohup php YOURPATH/RedisPushQueue.php & 开启守护进程运行,修改文件之后需要从新启动
    // blpop 有值则回去 没值则阻塞 主要就是这个函数在起作用 不过并不安全,程序在执行过程中崩溃就会导致队列中的内容
     // 永久丢失~
     // BRPOPLPUSH 阻塞模式 右边出 左边进 在填写队列内容的时候要求从左进入
     //
    ini_set('default_socket_timeout', -1);  //不超时
    require_once 'YOURPARH/Rongcloud.php';
    
    $redis = new \Redis();
    $redis->connect('127.0.0.1', 6379);
    $redis->select(2);//切换到db2
    $redis->setOption(\Redis::OPT_READ_TIMEOUT, -1);
    
    // temp_queue临时队列防止程序崩溃导致队列中内容丢失 0代表永不超时!
    While ($key = $redis->brpoplpush('push_queue', 'temp_queue', 0)) {
        if ($val = $redis->get($key)) {
            //rabbit_push_20_175990
            $arr = explode('_', $key);
            if (count($arr) != 4) {
                continue;
            }
            $id = $arr[2];
            push($id, $val);
            //删除key内容
            $redis->del($key);
        }  
    }
    function push($id, $v)
    {
      //推送操作~
    }
  • RedisAutoDeleteTempqueueItems

    <?php
    /* 自动处理temp_queue中的元素,这个操作是防止RedisPushQueue崩溃的时候做处理
     处理思路是 使用brpop 命令阻塞处理temp_queue这个队列中的值,如果能获取到"值"对应的"值",说明RedisPushQueue执行失败了
     将值还lpush到push_queue中,以备从新处理
     至于为什么使用brpop命令,是因为在RedisPushQueue中我们使用的是brpoplpush
     nohup php YOURPATH/RedisAutoDeleteTempqueueItems.php & 开启守护进程运行,修改文件之后需要从新启动
    */
    ini_set('default_socket_timeout', -1);  //不超时
    $redis = new \Redis();
    $redis->connect('127.0.0.1', 6379);
    $redis->select(2);//切换到db2
    $redis->setOption(\Redis::OPT_READ_TIMEOUT, -1);
        while($key_arr = $redis->brPop('temp_queue',0)){
        if(count($key_arr) != 2){
            continue;
        }
        $key =$key_arr[1];
        if($redis->get($key)){//能获取到值 说明RedisPushQueue执行失败
            $redis->lPush('push_queue',$key);
        }
    }
元のリンク