絵文字のすばらしさ:Swift高次関数を理解するための別の視点

著者:エリカSadun、 元のリンク 、元の日付:2016年11月8日
翻訳者: 星の夜の朝 、校正: クリスタルサン 、ファイナライズ: CMB

まあイアン・デレイネイは私にこの絵を送った:

Steve Luscherがデザインしたこの写真は、Joey Devillaのブログ「Global Nerdy」の記事に基づいています 。 私は、この種のアプローチは非常に才能があり、人々を輝かせると思う。

しかし、この写真はSwiftには書かれておらず、明らかにSwiftでそれを動かす方法はありません。 私は自分自身を楽しませることに決めました:私は巨大なリストを作成し、これらの例を正しく動作させるためにSwiftの構文を使用するEmoji変数に、多数の絵文字を割り当てるPlaygroundを作成しました。

私はTwitterでJaden Gellerの提案に従うことにしました。私はreduceオペレーションを表現するreduce 、そのpoopを使用しませんでした。なぜなら、それぞれのreduceオペレーションが実行されるとき、それは新しいものとなるからです。食べ物は一緒に「食べる」。 スウィフト版では、悲しい表情でreduceが始まり、最終的に満足して満足します。

画像の内容を拡大する価値があるかどうかを確認するために、より多くの種類の食品を追加しようとしましたが、サンプル数が元の4種類を超えると、それはきれいで洗練されていませんでした。

私は、牛、ジャガイモ、ニワトリ、およびトウモロコシをもう使用しないことにしました。私はisVegetarianよりも良いfilterオプションがあるかどうかを見たいと思います。 例えば、子供たちは愛する食べ物を選ぶでしょう(しばしば栄養価がない):

それから私は再び考えました。なぜスウィフト言語の機能を追加してみませんか? そこで私は、可変で不変なプロジェクト操作の概念を説明することにしました。

そして操作を繰り返します:

ソート作業があります(ただし、ここで他の食品に切り替えるほうが良いかもしれません):

もちろん、 zip操作も非常に良いです:

次にmapflatMap比較がありflatMap

残念ながら、サッカーは合法的なキャラクターの識別子ではないので、サッカーとラグビーの間のbitcast操作はできません。 この一貫性のない絵文字セットは私を非常に不幸にします。 Swiftには、演算子と識別子の標準ベースの変換が必要です。

私がfatalErrorfatalError 、私は私の時間がここで費やされたことを発見しました:

あなたが好きなスウィフト機能を持っているかどうかはわかりません。絵文字で表示しますか? 私はすでに皆に自分の考えを示しました。 今、あなたの考えを示す時です。

更新:Phil Aaronsonは、絵文字機能使用できることを示唆しています。

@ericasadunの機能も! pic.twitter.com/IDwDBps2WD

– Phil Aaronson(@phildrone) 2016年11月8日

理想的には、これらの例はすべてSwift Playgroundでコンパイルして実行する必要があります。実装するのが非常に難しい場合でも、これらの機能を説明するために他のEmojisを使用することに同意します。

この記事はSwiftGG翻訳チームによって翻訳され、著者の翻訳によって承認されています。最新の記事はhttp://swift.ggをご覧ください

元のリンク